ごあいさつ

「knyta (クニータ) 」とはスウェーデン語で「結ぶ」の意味。
布を使った手仕事を通していろんな人とつながりを持てたら…そんな思いを込めて名付けました。

普通に日本で生活していた私が手仕事に目覚めたのはなぜかスウェーデン。ゆったりとした時間の流れ、古いものを大切に受け継いでいく文化とともに「手を動かして作ること」の大切さを今も忘れていない国でした。

完璧じゃなくてもいい、自分の手で何かを作ることの楽しさを皆様にお伝えできればと思っています。

【プロフィール】
2003.6~2009.3
スウェーデン在住。スウェーデン語を学びながら手仕事の面白さに目覚める。

2007.1~2008.5
スウェーデンの西海岸にあるLöftadalen Högskolanにて織物を1年、テキスタイルテクニック (染色、プリント、刺繍、パッチワークなど) を半年学ぶ。

2009.4~2010.3
帰国後、京都府立高等技術専門校あぱれる科にて洋服づくりの基本を学ぶ。